車を売るまえに

自動車売買マニア

車買取の裏話

車の買取店

 

中古車を買い取る会社はたくさんあります。

 

どの会社でも査定基準は決まっていて、たいていは同じ車種で同程度の状態であれば同じ査定額が出てくるはずです。しかしながら、たとえ同じ買い取り業者であったとしても、査定価格が高くなる時があることをご存知でしょうか。

 

個人で経営をしている会社であれば別ですが、全国規模あるいは数店舗のあるチェーン店の査定会社であるならば、毎月何日までに何台の車を買い取るようにというノルマがあります。
お店としては、その日までにノルマとして課されている台数を買い取ることができているならば問題はありません。しかし、残されている日数がほとんどない状態で、あと数台を買い取る必要があるとなりますと買取業者のお店の責任者は多少を無理をしたとしても買い取る車の台数を確保しようとします。

 

これは実際にあった裏話ですが 、ある買取業者が依頼のあった車の査定を見に来ました。その会社の査定基準によると、あまりに古いクルマなのでうちでは引き取ることができないと帰っていってしまいました。ところがその30分後に再びその担当者が訪問してきました。
話を聞いたところ、その日までに目標としている台数を買い取る必要があるため店長がどうしても買い取ってこいと言うので売ってくれないでしょうかということでした。
買取価格を聞いてみますとなんと6万円を出すということでした。当初は0円となっていた査定額がたったの30分で60000円になっていたという裏話です。

 

このように買い取り業者にはそれぞれ毎月締めとなる日があります。
その日か、その前の日あたりに査定をお願いすると、より高額で買ってくれるということがあります。それぞれの買い取り業者によってその日がいつなのかは異なります。
買取を考えており、もし調べることができるなら、それぞれの買取業者の締切日を把握しておくようにすることができます。そうするならば、思ったよりも高額な査定が出てくることでしょう。


 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ